エアープランツ。

日記(2013)
07 /20 2013
こんばんは、こぐまです。


今日もご訪問、ありがとうございます。

拍手ぱちぱちも、ありがとうございます~。


今日の一空。
130720一空
タイトル「元気すぎるガジュマルたち」。
夏になるとちょー元気なガジュマル
手前の株が、枝が間延びしているので、
切り戻ししないといけないかな~と考え中。
が、切ると7本ある枝を植える鉢を増やさなくてはならない。
ガジュマル増殖!Σ( ̄□ ̄;



今日は、
昨日のおまけコーナーに紹介しましたエアープランツ
130719エアープランツ


いつものウィキペディアで調べてみると、
チランジアで載っていました。

「チランジア(Tillandsia)は、
パイナップル科チランジア属の植物の総称。
熱帯アメリカに広く分布し、
ほとんどが樹木や岩石に着生する着生植物である。
土や根を必要とせず、
葉から雨や空気中の水分を吸収することから、
エアープランツ」(Airplants)とも呼ばれる。」

原産地などもあったので引用、
「原産地は、熱帯アメリカを中心とした
高度0m~3,600m級の砂漠地帯から熱帯ジャングルまで
の広大な地域にわたる。以下にその国と地域を挙げた。
・アルゼンチン・ボリビア・ブラジル・中央アメリカ・
コロンビア・コスタリカ・キューバ・ドミニカ・
エクアドル・エルサルバドル・フロリダ・ガテマラ・
ガイアナ・ヒスパニオラ島・ホンジュラス・ジャマイカ・
メキシコ・ニカラグア・パナマ・パラグアイ・ペルー・
スリナム・トリニダード・アメリカ合衆国・ウルグアイ・
ベネズエラ・西インド諸島
生息環境は、40度℃近くの直射日光が照りつける場所から
森林地帯の様なほとんど日の当たらない場所まで
多岐にわたるが、崖や丘、木の上などの風通しが良い場所
であることが多い。また、本属が分布する乾燥地帯では、
降雨が稀である代わりに夜になると
多量の霧が発生する場合が多く、
根からではなく体表の鱗片から水分を吸収する
本属の生活様式と対応する。」


えー、植物を育てる場合、
その植物の原産地を調べて、
生息環境について理解していることが大切だと、
よく本に書かれています。


その植物たちが育っていた環境に近い環境を作ることが、
うまく付き合うコツなのですね。


育て方は、
いつもお世話になっている「ヤサシイエンゲイ」さんに。

「ヤサシイエンゲイ」エアープランツ ページリンク

*外部サイトへ移動します。


エアープランツの育て方は、
一般的には、
2~3日に一度の葉っぱへの霧吹きシュッシュ。

夜に水分を吸収するので、
夕方にシュッシュするのがいいそうな。


私想像のエアープランツの生態は、
サボテンと同じで乾燥高温地帯で、
夜や早朝、気温低下による霧や露などを
水分元にしているのではないかと。


なので、日中はひたすら高温乾燥に耐える忍耐の植物。

やさしさは彼らを腐らせるのだ(`・ω・´)キリ

あんまり水やりすぎもよろしくないですね。


・いろいろアマゾンさん検索結果。






それでは、また明日。


明日は、ドコモのらくらくホンについて書くかもです(笑)



ポチッとよろしくお願いしますm(*._.)m






スポンサーサイト

土宮こぐま

はじめまして、愛知県在住の土宮こぐまです。

毎日800字を目指して、ネタを絞り出して更新していきます!
2014年からは、毎日適当更新☆
2015年からは、毎週土曜日更新です~。
2016年からは、毎月適当更新になります

好きなものは、ファンタジー、上橋菜穂子、くるねこ大和、k.m.p.、CLAMP、ひかわきょうこ、荒川弘、尾田栄一郎、坂本真綾、菅野よう子、猫、コケ(植物の)、天然石、雑貨、文房具、金木犀の匂い、フェリシモ、ほぼ日、紙、小さいもの、アニメ、世界ふれあい街歩き、青色etc.です。
よろしくお願いします<(_ _)>


since December 7.2012




旧ブログ「日々是色々」はこちら↓

gooブログ版「日々是色々」